PATTERN BASS BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 現代バイブレーション事情・・・。

<<   作成日時 : 2008/01/29 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回はクランクベイト編をやったので、今回はバイブレーション編です。

バイブレーションは、私がバス釣りを始めた頃からあるルアーですが、

音で誘い寄せて食わせたり、威嚇させたりすることでバイトに持ち込むルアー・・

というのが、私が昔良く使ってたときのイメージです。

私の出ているトーナメントでは、殆んどウイニングパターンになることがなく

すっかり出番は少なくなりましたが、オフシーズンの野池のおかっぱりなどでは毎年

良く使います。

良く飛び、素早く広範囲を探れる・・・・という点では、他のどんなルアーよりも

優れていると思います。ストレス解消にもなりますね!

最近のバイブレーションは、音のバリエーションも増え、大きく分けるとハイサウンド、

ローサウンド、サイレント・・・の3タイプ
に区分されます。

それぞれメリット・デメリットがあると思いますが、最近はクランクベイト同様、サイレント

タイプが良く釣れてると言う事を耳にします。

クランクベイト編でも触れましたが、やはり、サイレントのほうがスレにくく場所を荒らさ

ずに長い時間狙える
・・という意味でも、分があるようです。

クランクの何倍もの細かいピッチで動き、より細かい波動を水中に伝えます。


フィールドを扇状に何投もし続けて、バイブレーションのワンタックルそれのみ

で複数匹狙いたい場合はサイレントモデル。


複数のタックルを用意し、高活性な魚のみバイトさせ、食わなきゃソフトベイトの

釣りでフォローする・・というような場合ならサウンドモデル
・・という使い分けが、やはり

単純ですが王道のような気がします。


最近、とある人から『使ってください!』と、ルアーを頂きました。

画像
このバイブレーション分かりますか??



画像

今は廃盤となり、殆んどお店で見かけなくなりましたが、以前、ティムコ社から発売

されていた 『ワンノッカーバイブ』 というバイブレーションです。

コトコトと低い音によるローアピールで誘う、サイレントモデルに近いタイプです。

私も以前このバイブレーションを持っており使ってたこともありますが、正直その当時に

あまり良い思い出は残っていません。


サウンドモデル全盛期の時代の陰に隠れ、存在が薄くなり廃盤に追い込まれた

ルアーではありますが、時代は回っています。

今の時代ならば、主役になる可能性も十分ありますね!

やはりルアーはローテーションがキモ!!

選択肢が多いからこそ、バスフィッシングはいつまでも楽しい遊びであり続ける

ことが出来るんです。


みなさんも、沢山のルアーをその場の状況を読みつつチョイスしてやり、

正解ルアーを見つける楽しさを味わってください!!

画像

↑↑ いろんなバイブレーションを並べてみました。皆さんは全部分かりますか??


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現代バイブレーション事情・・・。 PATTERN BASS BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる