PATTERN BASS BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS フェンロッド勉強会と、実釣。

<<   作成日時 : 2008/02/11 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

続きですが・・・・

昨日はBLOGの通り、一日釣りしていました。

魚を釣る事もそうなんですが、Kカベ君が『フェンウィッカー』ということで

私がまだ入手する事が出来ていないスペックのロッドの使用感を実際に

使ってみたい!との要望にKカベ君応えてくれ、実釣を兼ねた勉強会をさ

せてもらいました。

先輩フェンウィッカーの意見は今の自分にはとても為になります。

フェンウィックに興味を持っている、もんちゃんも駆けつけ3人でロッドを

交換し合い、試し投げ。

画像
もんちゃんも興味津々でしたね^^;

お店で手にとって振るよりも、実際にフィールドでルアーのウェイトを

乗せて投げるほうが、よりロッドの特性を理解できますからね。

Kカベ君、良い機会を設けてくれてありがとう。

本当に良い勉強になりました。

画像
車内の様子です。オールフェンウィック!
今回は、『エリートシリーズの特性』を大分理解できました。
上位機種のスーパーテクナやテクナGPだけではなく、ゴールデンウィングやエリートも
相羽プロなどがそうであるように、使用条件、使用するルアーによっては必要なシリー
ズですね。使い分けが必要です。
エリートも本当に良いロッドだなあ〜と実感しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


午前中は、芦田川で勉強会に終始。。

午後からは、本気で釣りモード!

どうせ釣るならデッカイのを狙いたいなあ〜〜

ということで、8箇所の野池をランガン。

釣り方が中々はまらない中、4時ごろにようやく、1本目をGET!

サイズは小さいものの、バイトをしっかり捕らえフッキング。

これで、確信が持てる釣り方が分かり丁寧に釣っていくと・・・・

画像
気が付けば、グッドサイズを含む3本のバスをキャッチする事に成功!

テキサスリグによる、カバー撃ちでした。

今回ヒットした場所に共通する場所は、一見ショボク見える2級のライトカバー。

ウッド系、レイダウン系のカバーではなく、岸沿いの枯れた草が倒れ込んでいる場所で、

バスが隠れる事の出来るシェードを形成しているような場所でした。

撃ち方のキモは、なるべく岸から距離をとって気配を感じ取られないようにピッチングで

ソフトアプローチしてやる事。

釣った後で近づき分かった事ですが、ショボク見える岸際はブッシュでかくれていま

したが、エグレを形成していました。

『あそこは多分ああなってるだろう・・・』と予測してルアーを投入してやるのは、おかっ

ぱりでは非常に重要な事です。

いきなり岸際に立っちゃうと獲れる魚を足音や、水面にうつる影などでも逃がしちゃい

ますからね。


その後、Kカベ君も待望の一本目!

画像
ミドストスペシャルで釣った一本。
サイズはともかく納得の一本だったようです!




その後は、日が暮れ・・・・・・納竿としました。

今日は、私にとってフェンウィッカーとして、また一歩前進できたとても有意義な

一日でした。

徐々に慣れ、エンジンがかかって来ましたよ〜〜

Kカベ君本当にありがとう!THANKS!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【使用タックル】・・私

●ロッド
フェンウィックテクナGP TAV-GP69CMHJ

●リール
メタニウムMG 7

●ライン
東レ・スーパーハード・アップグレード 20ポンド(フロロ)

●ルアー/リグ
3インチパワーバルキーホッグ+8.8gテキサスリグ

※この釣り方は、テスターズHP内の 『プロスタッフの今月のオススメ』 に記載
しています。そちらも参考にしてみてください。



【使用タックル】 ・・・ Kカベ君 

●ロッド
フェンウィックテクナGP TAV-GP64SULJ

●リール
スピニング2000番

●ライン
東レ・スーパーハード・アップグレード4ポンド(フロロ)

●ルアー/リグ
ケムケムシルクワーム



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フェンロッド勉強会と、実釣。 PATTERN BASS BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる